キャバクラやガールズバーは無職扱い?確定申告は必要か?

「ナイトワークって報酬から税金引かれてるけど、自分はどんな状態なんだろ?無職になってるのかな‥」
専業で働いていると、そんな疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

ということで今回はキャバクラやガールズバーは無職扱いなのか?さらに、この疑問と関連の強い確定申告について詳しく解説していきます。

アヤカ

何だか難しそうだし面倒‥という方も、知っていると得することが多いので是非読んでみて下さいね。

キャバクラやガールズバーは無職扱い?

結論から言うと、おそらくほとんどの人が無職扱いだと思います。
キャバクラやガールズバーで働いていると、毎月の報酬から消費税が引かれていますよね?
これは、働いた分の納税をしていることになります。

しかし、お店では誰がいくら働いたという事は報告しないため、いくら国に税金を納めていても自分で申告しなければ無職扱いになるわけです。

無職扱いだと、クレジットカードが作れなかったり賃貸借契ができないなどの弊害もあります。
またシングルマザーの場合は、働いている事を証明できないと保育園に預けられないことも。

逆にナイトワークをしていることが知られたくない人は、雇用契約を結んでいない限り、誰が働いているのかという特定はされないので安心して下さいね。

ではなぜ、キャバクラやナイトワークが無職扱いになるのかを詳しく解説していきます。

確定申告をしなければ無職扱い

国に自分がいくら稼いでいるのかを申告するのが『確定申告』です。
何したらいいか分からないし面倒‥。
というのが正直なところだと思いますが、実は支払い過ぎた税金が戻ってくる可能性があるんです!

アヤカ

後ほど詳しく解説しますね

確定申告をすると個人事業主

では確定申告をするとどうなるかというと、個人事業主(フリーランス)になります。
個人事業主とは、個人で事業を営んでいる人‥社長兼従業員という感じでしょうか。
何だかややこしいですね‥。

一般の企業で働く時は雇用契約を結ぶので、その会社の従業員になりますが、ナイトワークの場合は雇用契約ではなく業務委託契約になるので、お店の従業員ではなく個人事業主という立場で働いていることになるんです。

雇用契約をすると従業員

中には雇用契約を結ぶお店もあります。
雇用契約を結ぶと、一般の企業と同じように社会保険に加入することもでき従業員扱いになります。

また、雇用契約でもらうお金は『給料』なのに対し、業務委託契約では『報酬』になります。

クロフク

雇用契約を交わす店は珍しく、ほとんどが業務委託契約です

キャバクラやガールズバーは確定申告が必要?

確定申告は、キャバクラやガールズバーで貰う金額や働き方によって変わります。
ここからは確定申告について解説していきますね。

確定申告とは?

確定申告とは、1年間の所得と税金を計算して正しく納税するものです。
つまり「1年間で~円の所得がありましたよ」と申告する必要があります。

1年間とは1月1日~12月31日のことで、次の年の2月16日~3月15日までに申告をします。

確定申告が不要な人と必要な人

確定申告が不要な人 専業で雇用契約を結んでいる人 従業員として給料をもらっている場合はお店が年末調整をするので必要ありません。しかし2000万円以上の年収があると必要。
 

確定申告が必要な人

 

副業で雇用契約を結んでいる人 副業で従業員として給料をもらっている場合は、本業以外の所得が年間20万円を超えると対象。
専業で個人事業主として働いている人 雇用契約を結ばず、専業で個人事業主として報酬をもらっている場合、1年間の所得が48万円を超えると対象。
副業で個人事業主として働いている人 副業で個人事業主として報酬をもらっている場合は、本業以外の所得が年間20万円を超えると対象。

クロフク

上の表を見ると、個人事業主として働いている人で当てはまる人は多そうですね

確定申告しないとどうなる?

ナイトワークではお店を介して所得税を払っているため、所得税に関しては脱税になりません。
しかし一定の所得がある人は、基本的には確定申告をする必要があります

実情として最低限の所得税を支払っている事で取り締まりが緩いため、ほとんどの人が確定申告をしていません。
が、確定申告にはメリットが結構あるんです!!

キャバクラやガールズバー確定申告のメリット

余分に払った税金が戻ってくる

実はお店で引かれる所得税は、本来自分が払うべき金額よりも多い場合があります。
本当は払わなくても良いお金を払っているのはもったいないですよね?
確定申告をすると、本来払わなくても良かった分の税金が戻ってきます。

1年間仕事のために使ったお金を『経費』といい、1年間の所得額から経費を差し引いた金額を元に税金の計算をします。
ということはナイトワークをしている場合、衣装代やタクシー代など多くの経費があるため、税金が戻ってくる可能性が大きいんですよ。

主な経費

  • 通信費(お客様との電話やメールなど)
  • 接待費(同伴やアフターなどの食事代)
  • 広告宣伝費(お客様に送ったプレゼント代など)
  • お店への交通費
  • お店で着る衣装代
  • お店の為に必要なヘアメイクやネイル代

アヤカ

経費計上できる項目は結構ありますね

医療費が高かった場合は戻ってくる場合がある

1年間の医療費が10万円を超えた場合は、超えた分に課された税金が戻ってきます。

キャバクラやガールズバー確定申告のやり方

確定申告のやり方

確定申告に必要な物

確定申告書
地域の税務署や役所でもらえます。国税庁のホームページからもダウンロードできます。

源泉徴収票
働いているお店からもらえます。

領収書(レシート)
お店のためにお金を使った時の領収書やレシートはとっておきましょう。
本人確認書類

上記の物を用意したら、住んでいる地域の税務署や会場に行きましょう。

また行くことが難しい場合は、郵送やインターネットで申請もできますよ。

源泉徴収を出してくれないお店も

よし!確定申告をしよう!
と思っても、お店が源泉徴収票を出してくれないと手続きができません。
出してくれない理由は、報酬から引いた税金をお店が正しく申告していないなど様々。
確定申告をしたい人は、お店に源泉徴収票がもらえるか確認しましょう。

確定申告で副業がバレないようにする方法

確定申告によって副業していることがバレる原因は主に住民税です。

住民税は所得額によって変わるため、本業だけの割に住民税が高いと副業がバレてしまう事があるのです。

バレたくない人は、住民税の徴収方法を変更することで、本業に通知されることがなくなりますよ。

クロフク

申告書の中の『給与所得以外の住民税の徴収方法の選択』という項目で『普通調整』を選択して下さい

確定申告が不安ならキャバクラ派遣やナイトワーク紹介会社がおすすめ

ここまで確定申告の解説をしましたが、申告したいと思った人や不安な人にはキャバクラ派遣やナイトワーク紹介会社がおすすめです。

お店を紹介してもらう前に、確定申告について相談に乗ってくれますよ。
特にキャバクラ派遣のTRY18は知識のあるスタッフが在籍、さらに会計事務所と提携しているので安心です。

キャバクラ派遣とは?

  • 完全自由出勤だからシフトの提出がいらない
  • 働いた日の給料が全額日払い
  • ノルマやペナルティがない
  • お客様への営業がいらない

キャバクラ派遣は、人手不足のお店に手伝いに行くのがお仕事。
お店に在籍しないから、好きな日の好きな時間に働けちゃいます

自由に働きたい人で確定申告が不安ならここ!キャバクラ派遣TRY18

  • 平均時給が3500円以上!
  • 研修が充実してるから未経験でも安心
  • 契約店舗数3000店舗以上
  • 365日いつでも働ける

公式サイト:https://www.try18.jp/

TRY18は接客方法からメイク、衣装のことまでしっかり教えてくれるので、ナイトワークが初めての人におすすめです。

短時間で稼ぎたいならキャバクラ派遣Jewels

  • 時給4000円も多く高時給
  • 関東以外のエリアも対応だから旅行先でも働ける
  • 優良店ばかりだからトラブルがなく安心
  • 当日の申し込みもOK

公式サイト:http://www.jewels-haken.com/

Jewelsは業界一の高時給のキャバクラ派遣です。
空いた時間にたくさん稼ぎたい、学生や主婦の人にもおすすめですよ。

安全なお店で在籍として働きたいならナイトワーク紹介会社JANEL

  • 紹介してくれるお店は審査を行った優良店ばかり
  • ノルマやペナルティなし&時給アップ交渉をしてくれる
  • 登録料・サービス料無料
  • 無料送迎あり
  • ドレスや靴の無料レンタル

公式サイト:http://janel.jp/

JANELは固定のお店に在籍として働きたい人の条件や要望に合ったお店を探してくれます。
また、ナイトワークの事を知り尽くしたプロだから、お店で働く前に相談ができて安心ですよ。

キャバクラやガールズバーで確定申告がしたい人はしっかり源泉徴収してくれるお店

この記事を読んで、ナイトワークをしている多くの人が無職扱いなこと。
確定申告にはメリットがあることが分かって頂けたと思います。

ほとんどのお店はきちんと申告していますが、これからお店を選ぶ場合、ちゃんと源泉徴収してくれるお店が見つかるか不安な人も多いはず。
そんな人は、ナイトワーク紹介会社やキャバクラ派遣を利用して、不安なことや分からない事を相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です