キャバクラの派遣と在籍の違いとは?それぞれメリット・デメリットも紹介

キャバクラの派遣と在籍の違いとは?それぞれメリット・デメリットも紹介

  • キャバクラ派遣って在籍と何が違うの?
  • それぞれのメリットとデメリットはなに?

この記事では、キャバクラ派遣と在籍の違いについて、それぞれメリット・デメリットなどを比較しながら解説します。

もしキャバクラ派遣がいまいち分からない方は、先にキャバクラ派遣とは?をお読み下さい。

キャバクラの在籍と派遣の違いとは?

キャバクラの働き方には、派遣と在籍があります。

特定の一店舗に入店するのが在籍。

キャストの足りないお店に一日だけ日雇いヘルプで出勤することを派遣といいます。

クロフク

在籍キャバ嬢が正社員で、派遣キャバ嬢は日雇い派遣というようなイメージです!

ほかにも、条件面で大きな違いがいくつかありますので追って解説します。

キャバクラ派遣のメリット

まずはキャバクラ派遣のメリットから見てみましょう!

  • 完全自由出勤
  • 毎回全額日払い
  • 連絡先交換や営業の必要がない
  • ノルマや罰金がない

①:完全時給出勤

キャバクラ派遣は、シフトが一切ありません。

働きたいと思ったその日・そのときが出勤日です。

極端な話、1ヶ月後の出勤を予約して決めておくこともできれば、当日の一時間前に出勤を決めることも可能です。

②:毎回全額日払い

キャバクラ派遣のお給料は、いつでも全額日払いです。

仕事を上がったら、お店の人から手渡しで全額貰えます。

欲しい物があるときや、まとまったお金が必要な時などは、手元にお金が入るのが早いのでオススメです!

③:連絡先交換や営業が不要

キャバクラで働く上で絶対必要となるのが「連絡先交換と営業」です。

しかし、派遣はあくまでその日だけのキャストなので、お客さんと連絡先交換をする必要はありません。

むしろ、派遣会社側で連絡先交換は禁止されています。

連絡先交換が必要ないということは、もちろん営業も不要です。

単純に時給×時間で稼ぐのがキャバクラ派遣です。

もし親バレや彼バレを気にしている方なら、キャバクラの仕事がバレる要素も減るので嬉しいポイント!

④:ノルマや罰金がない

これも③と同様の理由ですが、ノルマや罰金は一切ありません。

一日だけしかいないキャストに、ノルマも罰金も付けようがないですよね。

ただ、遅刻や当日欠勤をすると、登録抹消や出勤停止のペナルティは発生するのでご注意ください!

クロフク

ここまでがキャバクラ派遣のメリットとなります!

在籍キャバクラのメリット

次に在籍キャバクラのメリットを紹介します。

  • ガッツリ稼げる
  • 各種バックが充実している
  • 自分のお客さんを作りやすい

①:ガッツリ稼げる

在籍の最大の魅力は、安定してガッツリ稼げることです。

むしろ、派遣ではなく在籍を選ぶ理由としてはお金以外は考えられないと思います。

派遣とは異なり、時給×時間×バックを含むことや、お店の給料システムによっては経験があればあるほど(お客さんが多いほど)稼げるシステムもあります。

月収50万以上を目指すのであれば、間違いなく在籍一択になります。

②:各種バックが充実している

在籍では、時給の他にバックとして歩合給が加算されます。

バックにはいくつか種類があり、主に以下の項目があります。

  • 同伴バック
  • 本指名バック
  • 場内指名バック
  • ドリンクバック
  • ボトルバック
  • フードバック

派遣でもバックが付くお店はありますが、ドリンクと場内のみだったり、全くつかないお店も少なくありません。

また、お店によってはボトルバックが原価引きだったり、VIPルームでの指名バックが倍だったりと、ある程度お客さんがいる方なら一ヶ月で無視できない金額になってきます。

③:自分のお客さんを作りやすい

在籍は、特定の一店舗に継続して出勤するので、固定のお客さん(指名客)がつきます。

指名客が付くようになると、お給料的にもプラスになるほか、顔馴染みのお客さんの接客になるため仕事自体の負担が精神的に少なくなります。

接客もしやすく、高額なボトルをバカスカ開けてくれるような太客を掴めれば歩合も時給も一気にアップするので、これも在籍にしかないメリットと言えます。

クロフク

在籍キャバクラは、働きやすさよりもお金にメリットを全振りしたような働き方です!

ちなみに、在籍店を探すときは求人サイトよりもキャバクラ紹介会社を利用するのが安全でおすすめです。

icon-arrow-right キャバクラの紹介会社ならJANEL

キャバクラ派遣のデメリット

キャバクラ派遣には、もちろんデメリットもそれぞれあります。

  • 出勤数が安定しない
  • 早上がりの対象になりやすい
  • 毎回異なるお店に行くのがストレス
  • 時給が安定しない

派遣のデメリット①:出勤数が安定しない

キャバクラ派遣は、出勤したいときに必ず出勤できるものではありません。

というのも、基本的にキャバクラ派遣を利用するお店というのは「予想の来客数に対して女の子が少ないお店」です。

そのため、悪天候の日や平日なんかは派遣の依頼がガッツリ減ったりします。

また、依頼を予約していても、派遣先のお店で急に出れるようになった在籍キャストがいたり、急な体入予定が入れば当日に派遣依頼キャンセルも珍しいことではありません。

アヤカ

今月はお金がピンチだから毎日働きたい!

っと思ってはいるものの、時期によっては依頼がなくて週末以外ほとんど働けないなんてケースもあるわけです。

派遣のデメリット②:早上がりの対象になりやすい

派遣キャバ嬢は、少ないキャスト数を補うための人数合わせなので、必要がなくなれば上がりの対象になります。

お店はいつだって派遣の子よりも在籍の子に少しでも稼がせてあげたいと考えています。当たり前ですが・・・

なので、せっかく出勤してもお店が暇だと短時間勤務になり、結果としてあまり稼げないというケースもザラです。

ただ、派遣キャバ嬢の早上がりを避けるために、最低保証時間というものが派遣会社では設定されています。

最低保証時間とは?

出勤すれば必ず働ける時間であり、仮にお店都合で働けなくても保証時間分の給料は保証される制度。

この保証時間が、2時間上がりのような度を超えた早上がりを抑えてくれます。

派遣の保証時間は大体3時間〜4時間のお店が多いですが、稼ぐという考えならやっぱり一日5,6時間は働きたいですよね。

派遣のデメリット③:毎回異なるお店にいくのがストレスに繋がる

派遣キャバ嬢は、その日の依頼状況によって毎回異なるお店への出勤となります。

昨日はA店、今日はB店へ出勤・・・という流れを繰り返します。

そのため、常に初めましての女性達と同じテーブルで仕事をしなければならないので、人によって物凄いストレスとなります。

コミュニケーション力が高く、人見知りしない方なら良いですが、皆が皆そんなわけでもないと思います。

実際に、人見知りが過ぎて特定の一店舗にしか出ない派遣キャバ嬢さんや在籍を選ぶ女性も少なくありません。

派遣のデメリット④:時給が安定しない

キャバクラ派遣の時給は、時期やお店の状況によって100円単位で変動します。

忙しい時期の年末は、平日でも時給6,000円だったのに、年が明けたら週末でも時給3,500円・・・というようなケースもよくあります。

忙しい時期だけスポットで派遣なら在籍するより高い時給を貰える可能性もありますが、年間を通すと平均時給は下がり、収入はとても不安定になります。

クロフク

働き方が楽な反面、在籍に比べてガッツリ稼げないのが派遣のデメリット・・・

在籍キャバクラのデメリット

次に在籍キャバクラのデメリットを紹介します。

  • ノルマやペナルティが辛い
  • シフトや強制出勤日がある
  • 営業がシンドイ
  • 結果を出さないと稼げない

①:ノルマやペナルティが辛い

ノルマがないお店もありますが、どちらかと言えばノルマのあるお店の方が多いです。

お店で決められたノルマが達成できないと、給料カットや最低時給換算などのペナルティが発生するので、ノルマ内容によっては辛いかもしれません。

②:シフトや強制出勤日がある

在籍の場合、ほとんどのお店が一週間に一度のシフト提出があります。

また、月に一度のイベントには必ず出勤しなくてはならなかったり、同伴日や強制指名日があり、その日にお客さんを呼べなかったらペナルティが発生したりもします。

③:営業がシンドイ

在籍は、営業してお客さんを呼んでナンボです。

フリーのお客さんには連絡先交換は必須ですし、隙があれば来店してもらえるよう日々営業が必要です。

常に複数人のお客さんを相手にLINEや電話をする必要があるので、面倒と思う人もいるかもしれません。

ただ、営業を面倒だと思うくらいヤル気がないキャバ嬢さんなら、そもそも在籍は向いていないんですけどね・・・!

④:結果を出さないと稼げない

在籍は、入店してから1〜3ヶ月程度しか固定時給ではありません。

固定時給が貰える保証期間が終われば、お店のシステムに沿って自分の力で時給を上げていかなければなりません。

そのため、多くのキャバクラは売上をベースに半期に一度時給が決まるので、満足のいく結果が出せなければ、保証期間よりも時給が下がってしまいます。

最悪の場合、3,000円を切るような時給まで下がってしまう可能性も0ではないので、ただキャバ嬢としてお店にいるだけでは稼げないのです。

クロフク

週1出勤でゆる〜く的な考えの方は、絶対に稼げません!

まとめ

結局のところ、在籍には在籍にしかないメリットがありますし、派遣には派遣にしかないメリットがあります。

どちらの働き方を選ぶかは人それぞれですが、僕がキャバクラ派遣の方が向いているな思う方は、

  • 月に10〜20万円くらい楽に稼げればいい
  • 週に2日くらいしか出勤できない

という方です。

逆に在籍キャバクラは、シンドイこともある代わりに、やればやっただけお金としてガッツリ自分に返ってきます。

自分が月にどれくらい稼ぎたいのか、お金を稼ぐことに対してどれくらいのモチベーションがあるのかによって、派遣か在籍か選んでみると良いかと思いますよ!

オススメキャバクラの紹介会社ならJANEL

”クロフク”

本気でオススメできるキャバクラ派遣会社5選!\現役キャバ嬢が厳選/本気でオススメできるキャバクラ派遣会社5選!