キャバクラ面接で採用率アップのコツ!面接官が見ているポイントはここだ!

キャバクラ面接で採用率アップのコツ!面接官が見ているポイントはここだ!

こんにちは、こんばんは!アンジーの中の人です。

キャバクラでは、当然ですが面接があり採用不採用もあります。

お店は女性ならどんな方でもウェルカムで誰でも採用されるわけではないんです。

しっかり希望のお店に採用を貰うには、面接官に好印象を残さなければなりません。

しかも、お袈裟な話ではなく、キャバクラの面接って不採用になることって日常茶飯事です。

そこでこの記事では、次の2つに分けてキャバクラ面接ついて解説します!

  1. キャバクラの面接で重点的に見られているポイント
  2. 未経験でも採用率アップをさせる面接のコツ

僕は普段お店を探している女性にキャバクラを紹介しています。

面接に一緒に同席したり、採用率アップのコツを直接お伝えしているので、少しでも参考になれば嬉しいです!

クロフク

お店を探してるけど不採用続きで悩んでいる方は読んでみて下さいね!

キャバクラ面接で重点的に見られているポイント

まず、キャバクラの面接では大きく三つに分けて、ビジュアル・雰囲気・条件で見られます。

それらを細かくして重点的に採用基準となるものが次の6つです!

  1. ルックスはどうか
  2. スタイルはどうか
  3. 愛想・雰囲気は良いか
  4. 週にどれくらい働けるか
  5. 何時〜何時まで働けるか
  6. 経験はどれくらいあるか
  7. お客さんはどれくらいいるか

クロフク

それぞれ詳しく解説します!

①:ルックスはどうか

キャバクラでは、ビジュアルが採否や条件の上下に繋がることは言うまでもありません。

ビジュアルが良い子ほど採用されやすいですし、悪い子ほど不採用になりやすいです・・・

ぶっちゃけなところ、面接では7割くらいココを見られてると言ってもいいくらい重要です。

②:スタイルはどうか

キャバクラの面接でルックスと同様に重要視されるのがスタイルです。

一部のコンセプト店を除いて、基本的にキャバクラでは細身体型の子が好まれます。

細身〜普通くらいならOK、ぽっちゃりさん以上になればダイエットを意識してみましょう!

少しぽっちゃりさんなだけで顔は可愛くても不採用といったケースもあるので、キャバクラで働く上でぽっちゃりさんは致命的かもしれません・・・

③:愛想・雰囲気は良いか

キャバクラは立派な接客業です。

そのため、愛想や雰囲気もとても重要です。

  • しっかりと受け答えができるか
  • 笑顔で愛想よく対応できるか

といった部分がとてもよく見られています。

ビジュアルが良くても、態度が悪かったり暗かったりすると不採用になる可能性もあるので気をつけましょう!

④:週にどれくらい働けるか

キャバクラは基本的に一週間ごとの自己申告のシフト制です。

ですが、あまりにも少ない出勤数では採用率が大きく下がります。

週1〜2くらいしか出れない方だと、そもそもお客さんを掴んで売り上げを上げることが難しくなるからです。

在籍としてお店を探しているのであれば、なるべく週3〜くらいを目安にしてみましょう!

⑤:何時〜何時まで働けるか

働ける時間も出勤日数と同じく重要です。

キャバクラは遅い時間まで営業しているお店も多いので、出勤時間はともかく退勤時間は遅い方が好まれます。

終電上がりで帰りたい!という希望もよく頂きますが、多くのお店で終電上がりは需要がありません。

むしろ終電間際からが一番忙しい時間帯になってきます。

⑥:経験はどれくらいあるか

経験があるかないかも必ず見られます。

誰でも未経験からスタートするので、初めての方は仕方ないですが、経験がある方は隠さずに全て伝えた方が有利になります。

また、前店の時給考慮のお店などもあるので、経験を武器に採用率だけでなく条件アップに繋がるケースもあります。

ただ、経験がないから不採用というのは都内の一部エリアを除けばあまりありません。

歌舞伎町や六本木の一流店で働きたいのであればまずは経験を積むのも重要ですが、一般的なお店で働くのであれば未経験だから不利ということはありません。

⑦:お客さんはどれくらいいるか

こちらも経験と被りますが、前店でのお客さんを新しいお店でも呼べるようであれば採用率アップにも繋がります。

もちろん、呼べれば良いよねくらいの感覚なので、経験があるのにお客さんが呼べないから不採用に繋がることはありません。

クロフク

⑥・⑦は立派な面接の判断材料ですが、あくまでオマケだと思ってもらってOKです!

キャバクラ面接で採用率をアップさせる為のコツ

コツというか、対策かもしれませんが・・・笑

それが次の5つです!

  1. バッチリメイクとヘアスタイルで挑む
  2. スタイルが分かりやすい服装で挑む
  3. とにかく笑顔を絶やさないようにする
  4. 出勤日数と出勤時間を多めにする
  5. 時給や条件にがっつかない

クロフク

それぞれ詳しく解説します!

①:バッチリメイクとヘアスタイルで挑む

スタイルはダイエットでどうにかなっても、顔はそう簡単には変えられません。

ですが、できることは最大限やりましょう!

いつも以上にバッチリメイクでヘアスタイルも面接官を落とすつもりで可愛く決めて行くとGoodです!

面倒臭がってマスクでお店まで行ったり、キャップを被ったりするのは絶対にNGです。

また、清潔感(匂い・ネイル・口臭)も合わせてしっかり対策しておきましょう。

実際に僕がお店を紹介した方で、匂いが原因で不採用になったケースも何度かあります。

②:スタイルが分かりやすい服装で挑む

スタイルは隠すのではなく、なるべく分かりやすく良く見える服装で面接にいくようにしましょう!

例えば・・・

ゆとりのあるトップスやロングスカート
NG!

タイト目のミニワンピ
OK!

なるべくなら足を出した方が良いですが、抵抗がある方は季節によってはスキニーなどでもOKです。

とにかく、体のラインが綺麗に見える服装にヒールで、面接官がドレス姿を想像できるような服装をイメージしましょう!

③:とにかく笑顔を絶やさないようにする

地味に効果があるのがコレ!

これでもかというほど愛想よく笑顔で面接を受けることです。

愛想が良いのと悪いのとでは本当に大きく採用率が変わるので、最悪そのときだけでも愛想よく振る舞うのが効果的です。

僕は未経験さんの面接に同席するときには、最悪これだけは徹底するようにいつも伝えています!

④:出勤日数と出勤時間を多めにする

もしアナタが容姿やスタイルに自信がないのであれば、そのハンデを一番カバーできるのが出勤日数です。

実際に、ビジュアルが悪くても出勤日数が多ければ採用になるケースもあります。

出勤日数が多ければ本来なら不採用だった場合でも採用されることは珍しくないので、なるべく多く出勤できることを伝えましょう!

また、どうしても出勤日数を増やせないようなら、週末だけは固定で出れることを伝えると採用率がアップします。

時間に関しても、入り時間はともかくラストまで働けることは必ず伝えましょう!

昼職との掛け持ちなどの都合でどうしても終電上がりじゃないと働けない方は、オープン19:00〜ラスト1:00といった短い営業時間のお店に絞って探してみましょう!

⑤:時給や条件にがっつかない

面接の段階で条件にがっつくのはNGです!

自分がどんなにがっついたところで、お店で出せる時給は決まっています。

ゴリ押しで、時給4,000円以上じゃないと入店しません!!っといったところで、希望時給が出るわけでもありません。

この辺りの交渉は、スカウトさんや紹介会社が間に入っていれば代わりに行ってくれますが、自分一人で探す場合は悪印象になるのでほどほどにしましょう。

クロフク

贅沢かもしれないけどこれくらい貰えたら嬉しいですぅ。くらいなら言ってもOK!

まとめ

キャバクラでは、採用だけではなく条件も面接の内容次第で8割型決まります。

面接を適当にしてしまうと、本来よりも保証が下がったりなど採用された後にも損をすることになってしまいます・・・

また、何店舗も面接を受けているのにも関わらず不採用続きの方は、本記事で解説した「面接官が見ているポイント」のどこかでNG印象が付いています。

それがビジュアル的問題なのか、雰囲気なのか、条件なのかは人それぞれなのでなんとも言えません・・・

でも、ご相談いただければ客観的にアナタを見た上でアドバイスさせていただきますのでもし良ければぜひアンジーにご相談下さい!

クロフク

もちろんお店のご紹介も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい!

オススメキャバクラの体入なら求人サイトよりも紹介会社の方がオススメな理由

オススメキャバクラ派遣おすすめ5選!絶対に登録すべき会社を徹底比較