キャバクラの掛け持ち(副業)は可能?昼職/夜職との両立やお店選びのコツを解説!

昼職との掛け持ちバイトとしてキャバクラで働きたい女性に向けて、少ない出勤日数でも稼げるのかという疑問や、働くことはできるのかについて解説しています。また、掛け持ちで稼ぐためのポイントも紹介しています。

高収入が魅力的なキャバクラは、昼職と掛け持ちで働きたいと考える方も多いと思います。

しかし、掛け持ちとして働く場合に悩ましいのが出勤日数ですよね。

  • キャバクラって少ない出勤日数でも働けるの?
  • 出勤日数が少ないと時給が下がったりしない?

こんな疑問を抱える方もいるかと思います。

この記事では、そんな方に向けて、スカウトマン経験のある僕がキャバクラの出勤日数と時給の関係性について解説します。

クロフク

掛け持ちとして少ない出勤数でキャバクラで働くことを考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

キャバクラは掛け持ちしても大丈夫?「キャバクラ×昼職」「キャバクラ×夜職」の両立について解説!

結論から言うと、掛け持ちでキャバクラで働くことは全く問題ありません。
キャバクラを始めとするナイトワークの仕事は、週1日の出勤でも採用されることは十分にあります。

しかし、稼げるかどうかはまた別の話です。
キャバクラで稼ぎたいのなら、出勤日数がとても重要です。

これを踏まえて、昼職との両立・夜職との両立について見ていきましょう。

キャバクラ×昼職

昼職をやっている人にとってキャバクラなどのナイトワークは、効率よく稼ぐことのできるメリットの多い副業と言えます。

効率よく稼げる理由は、以下の通りです。

効率よく稼げる理由
  • 他の仕事に比べて時給が高い
  • 勤務時間が昼職と重ならない
  • シフトの融通が利きやすい

キャバクラ×ナイトワーク

ほとんどのキャバクラでは、他のナイトワークとの掛け持ちが禁止されています。

稀に認められるケースやバレにくい方法もありますが、掛け持ちで稼ぐのは簡単なことではありません。
なぜなら、キャバクラの時給はたいていの場合、出勤日数と売り上げで決まるためです。

出勤日数

出勤日数が週4日以上と週3日以下で、明確に給与条件が分かれているお店もあります。
掛け持ちをすると出勤が分散されるため、当然ながら一つのお店の出勤日数は少なくなり時給も低くなります。

売り上げ

売り上げを上げるためには指名客を作る必要があります。そのためには、やはり同一店舗での出勤日数を増やすことが重要になります。

キャバクラには、保証時給制度というものがあります。
この制度により、入店後3ヶ月程度の保証期間中は時給が保証されますが、保証期間が終わると売り上げの低いキャストの時給は大幅に下がります。

複数のナイトワークの掛け持ちはしない方がいい?

週4〜5日出勤するキャバ嬢たちが時給を上げるため・ノルマをクリアするために必死なところ、掛け持ちで週1〜2日出勤の人が満足な売上を作れるでしょうか?

キャバクラで稼ぎたい人は、一つのお店に集中する方が無難でしょう。
もし掛け持ちをする場合は、特別な事情がない限り定休日にだけ出勤するなど、あくまで副業として利用するのがおすすめです。

キャバクラで掛け持ちをして働くメリット・デメリット(リスク)とは?

キャバクラと掛け持ちをするのは、収入を増やしたいという理由が一番だと思います。
ただし、体力的に大変であること以外にもいくつかのリスクを伴います。

本章では、昼職・夜職(ナイトワーク)それぞれと掛け持ちする事のメリット・デメリットを紹介します。

デメリットやリスクを理解した上で、始めることをおすすめします。

キャバクラ×昼職

昼職をやっていることがキャバクラの面接で不利になることはほとんどありません。
一方で、ノルマが厳しすぎるお店の場合は、掛け持ちで働いている場合には続けられなくなる人が多いので、お店選びの際は見極めが重要です。

メリット

キャバクラと昼職の掛け持ちには、以下のようなメリットがあります。

メリット
  • 収入が増える
  • 美意識やコミュニケーション能力が高まる
  • 交友関係が広がる
  • 昼職の知識や経験がお客様との会話に活かせる

デメリット

キャバクラと昼職の掛け持ちには、以下のようなデメリットがあります。

デメリット
  • 昼職のパフォーマンスに影響が出る可能性がある
  • 昼職の会社にバレると解雇されることがある
  • 体力的にきつい
  • スケジュール管理が大変

キャバクラ×ナイトワーク

キャバクラとキャバクラの掛け持ちが認められることは、かなり稀なケースです。

面接でも不利になる可能性が高いので、系列店での掛け持ちや、異なる業態のお店を選ぶなどの配慮が必要になります。

メリット

キャバクラとキャバクラなどのナイトワーク同士の掛け持ちには、以下のようなメリットがあります。

メリット
  • 収入が増える
  • 効率よく稼ぐことができる
  • 異なるエリアで働くことができる
  • 異なる時間帯に働くことができる

例えば、都心エリアと自宅近く、早めの時間帯と朝までなど、曜日やその日の予定によって出勤するお店を変えることができます。

デメリット

キャバクラとキャバクラなどのナイトワークの掛け持ちには、以下のようなデメリットがあります。

デメリット
  • どちらも中途半端になり指名が取りづらい
  • 体力的にきつい
  • スケジュール管理が大変

掛け持ちをすると出勤日数が分散するため、指名客を作るのが難しくなるというデメリットがあります。

キャバクラで掛け持ちは大変?1日のスケジュールや給料について解説!

キャバクラと掛け持ちして働く場合の、1か月の給料と1日のスケジュールの一例です。
昼職とナイトワーク、それぞれのケースについて紹介します。

キャバクラ×昼職

キャバクラで副業をして、本業以上の収入を得ている人はたくさんいます。
ですが、決して楽に稼げるわけではありません。

キャバクラは帰りが深夜になり、お酒をたくさん飲むことも多いので、翌日の昼職の仕事に影響が出ないよう注意が必要です。

昼職と掛け持ちする場合の給料

◆昼職(1日8時間勤務)
月給手取り18万円

◆キャバクラ(1日4時間勤務)
日給約1万6,000円×週3日出勤
=約20万円

◆合計
月収 38万円

1日のスケジュール一例

以下は、OLとキャバクラの掛け持ちの場合のスケジュールの一例です。

7:00
9:00 昼職 出社、業務開始
12:00 昼食
18:00 残業
19:00 退社
19:30 移動、夕食
20:00 キャバクラ ヘアメイク
21:00 出勤
1:00 退勤
2:00 帰宅
2:30 就寝

キャバクラ×ナイトワーク

ナイトワークとの掛け持ちの場合は、本業のキャバクラの定休日や営業時間外に働くことで収入をアップさせることが可能です。

出勤と同伴やアフターがバッティングしないよう、スケジュール管理も重要になります。

キャバクラを掛け持ちする場合の給料

◆本業キャバクラ(1日4時間勤務)
日給約2万円×週5日出勤
=約40万円

◆副業キャバクラ(1日4時間勤務)
日給約1万2,000円×週1日出勤
=約5万円

◆合計
月収 45万円

昼キャバと掛け持ちする場合の給料

◆夜キャバ(1日4時間勤務)
日給約2万円×週5日出勤
=約40万円

◆昼キャバ(1日5時間勤務)
日給約1万5,000円×週2日出勤
=約12万円

◆合計
月収 52万円

ガールズバーと掛け持ちする場合の給料

◆キャバクラ(1日4時間勤務)
日給約2万円×週5日出勤
=約40万円

◆ガールズバー(1日8時間勤務)
日給約1万3,000円×週2日出勤
=約10万円

◆合計
月収 50万円

イベントコンパニオンと掛け持ちする場合の給料

◆キャバクラ(1日4時間勤務)
日給約2万円×週5日出勤
=約40万円

◆イベントコンパニオン(1日3時間勤務)
日給約1万円×週2日出勤
=約8万円

◆合計
月収 48万円

1日のスケジュール

以下は、昼キャバと夜キャバの掛け持ちの場合のスケジュールの一例です。

8:00 起床
11:00 昼キャバ ヘアメイク
12:00 出勤
17:00 退勤
17:30 移動、メイク直し
18:30 夜キャバ 同伴
21:00 出勤
1:00 退勤
2:00 帰宅
2:30 就寝

キャバクラ×昼職/夜職との掛け持ちでおすすめの職種とは?

キャバクラとの掛け持ちの場合、昼職ならOLや接客業、夜職ならガールズバーや朝キャバなどがおすすめです。
以下では、掛け持ちするそれぞれの職種の働き方について解説します。

昼職:OL

事務や総務、経理などの仕事に就いている会社員の場合、残業が少ない職場であれば、平日の仕事帰りにキャバクラに出勤することができます。

昼職:接客業

飲食やアパレル、美容部員などの接客業の場合、昼職のシフトに合わせてキャバクラのシフトを調整して働くことができます。

昼職:保育士や美容師

保育士や美容師は一般的に給与が安いため、キャバクラの副業を検討する人が多くいます。
保育士の場合は特に、保護者に出会うことがないよう職場から離れたエリアのお店を選ぶ傾向にあります。

夜職:ガールズバー

ガールズバーは、売り上げなどのプレッシャーが少なく、ナイトワークの中では比較的働きやすいため、副業に選ぶ人も少なくありません。

ただし、時給は安いので、稼ぐためには長い時間働く必要があります。

夜職:朝キャバ・昼キャバ

朝キャバや昼キャバは、通常のキャバクラと営業時間が異なるため、同じ日にどちらにも出勤することが可能です。

頑張ればその分稼ぐことができます。
しかし、同伴やアフター、営業の連絡などの勤務時間外にやるべきことを考えると、かなり過酷なスケジュールになることが予想されます。

夜職:コンパニオン

宴会などのコンパニオンの仕事は、時給換算するとキャバクラと同じくらいの金額です。
2〜3時間程度で終わるので、宴会によってはキャバクラの出勤前に働くことができます。

ただし、繁忙期と閑散期で仕事量が上下するため、収入は安定しません。

キャバクラとの掛け持ちが向いているヒトの特徴5選!

キャバクラは、本業一本でも難易度が高く、誰でも簡単にできる仕事ではありません。

本章では、どのような特徴を持った人がキャバクラとの掛け持ちに向いているのかについて、詳しく解説します。

向上心がある人

キャバクラは高時給の仕事ですが、売り上げを作れないとなかなか稼ぐことはできません。
また、やる気がなく売り上げを作れない人にとってナイトワークのお店は、とても働きにくい環境です。

体力がある人

掛け持ちの場合、朝から深夜あるいは夕方から朝までなど、長時間にわたり働くことになります。
また、お酒をたくさん飲むことも多いので、体力がないとすぐに体調を崩してしまいます。

メンタルが強い人

たとえノルマや罰金がないお店でも、キャストの指名の本数や売上などの成績が一目瞭然です。
そのため、相当なプレッシャーがかかった状態で働くことになります。

さらに、お客様から心無い言葉を言われることも多々あります。
すぐに落ち込んでいる人には、厳しい環境です。

時間の使い方がうまい人

仕事の掛け持ちをする人には、とにかく暇な時間がありません。
少しの空き時間や移動時間をうまく使って、営業の連絡をするなどの努力が必要不可欠です。

また、趣味やリフレッシュの時間を確保するためにも、上手な時間の使い方を意識することは重要です。

お金を稼ぐ目的がある人

キャバクラは他の仕事に比べて給料が高い仕事ではありますが、だんだんと金銭感覚がズレていってしまう人も少なくありません。

学費や留学、整形などの目的のために働く人は、浪費をせずに真面目にコツコツと働き、掛け持ちを継続することができるでしょう。

掛け持ちとしてキャバクラで働く最適な方法やお店選びのコツを解説!

じゃあ結局、少ない出勤日数で掛け持ちでキャバクラをやるのは無理なのかと言われれば、決してそんなことはありません。

もしどうしても掛け持ちをして働きたい場合には次のポイントを意識してみて下さい!

  1. 同じグループの系列店で働くこと
  2. 副業OKのお店で働くこと
  3. 朝キャバ・昼キャバで働くこと
  4. 永久保証のお店で働くこと
  5. ノルマが一切ないお店で働くこと
  6. 在籍ではなくキャバクラ派遣へ登録すること

これらのポイントを意識すれば、週1〜でも掛け持ちでキャバクラで稼ぐことができます!

同じグループの系列店で働くこと

同じグループ内であれば、快く紹介してもらえる可能性が高いため、店長やお店の人に聞いてみてください。
系列店の出勤人数が少ないときのヘルプや、キャバクラ以外の別の業態のお店を選ぶと良いでしょう。

副業OKのお店で働くこと

元々副業が認められているお店で働く分には、何の問題もありません。
ただし、キャバクラの場合は副業OKのお店は少なく、見つけるのは容易ではありません。

朝キャバ・昼キャバで働くこと

朝キャバや昼キャバは、同じキャバクラでも客層が異なるため、認められるケースがあります。
同じ日に2店舗をはしごをする場合は、絶対に遅刻しないように余裕を持ったスケジュールを組んでください。

永久保証のお店で働くこと

永久保証とは、お店に入店してから退店するまで売上関係なく時給が変動しない時給システムです。

ようするに、保証時給の期間無制限バージョンですね!

永久保証であれば高時給までとは行かなくとも、たとえ売上が落ちても2,000円代の時給になることはないのでオススメです。

しかし、逆に売上をいくら上げようと時給が上がらないデメリットもあります。

ノルマが一切ないお店で働くこと

キャバクラと聞くと、初心者さんは厳しいノルマやペナルティをイメージする方もいるかもしれませんが、実はノルマのあるお店の方が少ないんです。

ノルマやペナルティがなければ多少売上が伸び悩んでも減給対象にはなりませんし、単純に今より稼げないだけです。

ノルマ無しのお店では副業キャバ嬢も多いので、システム上の最低時給まで下がってしまっても、お店と相談することで最低時給を上げてくれることがほとんどです。

クロフク

キャバクラのノルマやペナルティについては、下記記事でも詳しく書いているので読んでみて下さい!
ノルマなしのキャバクラってあるの?覚えておきたいノルマの種類と罰金の話ノルマなしのキャバクラってあるの?覚えておきたいノルマの種類と罰金の話

在籍ではなくキャバクラ派遣へ登録すること

キャバクラには特定のお店に入店(在籍)して働くほかに、派遣キャバ嬢として一日単位で働けるキャバクラ派遣があります。

関連キャバクラ派遣とは?一日キャバ嬢の仕組みとメリット・デメリットを解説

キャバクラ派遣であれば、下記のように働くことができます。

  • 空いている日だけ勤務可能
  • 好きなエリアのお店で勤務可能
  • ノルマ一切なしで勤務可能

しかも全額日払い。

人それぞれのライフスタイルによっては、在籍で働くよりもキャバクラ派遣の方が稼げる場合もあるので、自分に合った働き方を選んでみて下さい。

関連【どっちがいいの?】キャバクラ派遣と在籍の違いと働き方を選ぶポイント

クロフク

ちなみに僕は普段から女性にキャバクラの仕事を紹介していますが、基本的に週3以上出勤できない場合は派遣をオススメしています。
\誰にでもできる!/副業のキャバクラ派遣で月収20万円を稼ぐ方法\誰にでもできる!/副業のキャバクラ派遣で月収20万円を稼ぐ方法

まとめ

僕はこのブログで口酸っぱく行っていますが、キャバクラは女性が居るだけで稼げるお仕事ではありません。

世間のイメージ的には楽して稼いでいると思っている方もいるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

稼ぐキャバ嬢は、週6で夜から朝までは接客し、昼はお客さんへの営業というように、フルタイムのOLよりも働く子もいます。

なので、昼職との掛け持ちができるにしても、

アヤカ

少ない出勤で楽して昼職よりも稼ぎたい!

と思っているのであれば、稼ぐことは難しいかもしれません。

ただ、掛け持ちでも働きやすいシステムのお店を探したりすることで、さすがに月収100万円までは行かなくとも十分に稼げます。

少ない出勤日数で稼げるお店を探すのではなく、少ない出勤日数でも掛け持ちで継続して働けるお店を探すことが大切です。

クロフク

出勤数が少ないということがハンデになることを理解した上で、自分に合ったお店探しを心がけましょう!
\元キャバ嬢が語る/絶対に失敗しないキャバクラ求人の探し方\元キャバ嬢が語る/絶対に失敗しないキャバクラ求人の探し方

キャバクラやラウンジなどで働くお店を探していて、こんなお悩みございませんか?

  • 求人情報は嘘ばかり・・・
  • キャバクラやラウンジで働きたいけど1人で探すのが不安・・・
  • 聞いていた時給より低かった・・・
  • 引かれるものが多すぎて手取り額が少ない・・・
  • フリーのお客さんが全く入っていない・・
  • 未経験なのにいきなり接客に入れられた・・・
  • ノルマが厳しすぎる・・・
  • 安心安全な店舗で夜職したい・・・

アヤカ

 キャバクラやラウンジ探しを一人でやるのは危険です 

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社や優良店と繋がっているスカウトを通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークや人材紹介会社に相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

安心安全で稼げるJUNGLE GROUPのご紹介

働く時って場所だったり、時給だったりと色々希望がありますよね。

なかなか自分で探していると希望のお店はみつかりません。

もし希望通りの求人があったとしても、実際に行ってみると全然違う条件だったなんてことはよくあります。

「内装がキレイでゴージャスなお店で働きたい」「大箱でとにかく稼げるお店を紹介してほしい」「銀座や六本木など、高ステータスなお客様を相手にしたい」なんて考えてる方もいるのではないでしょうか。

そんな方にご紹介したいのが、実際に六本木でキャバクラやラウンジを運営しているJUNGLE GROUPです。

JUNGLE GROUPは全国で約10店舗経営しており、YouTube等でも度々紹介されています。

YouTuberのヒカルさん、ラファエルさん、シバターさんによる動画

YouTuberのラファエルさんに1日ボーイ体験をしていただきました

ヴァンゆんチャンネルがラウンジジャングルでドッキリを企画

日本の姫ギャル系ファッション雑誌「小悪魔ageha」のYouTubeチャンネルでもジャングルのキャストが特集されました

JUNGLE GROUPは、お店同士の横の繋がりも大切にしており、JUNGLE GROUPが運営する店舗はもちろん、JUNGLE GROUPが運営していない他店舗も紹介することができます。

JUNGLE GROUPならではの4つ安心

  • 厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ
  • 関東最大手のキャバ紹介会社で提携店多数
  • 関東以外全国の店舗でも紹介可能
  • キャストを一番に考えてくれる親切なスタッフ(LINEなどでお悩み相談可能)

あなたも六本木No1キャバ嬢をJUNGLEと共に目指しませんか?

相談や紹介は完全無料なのでお店探しに悩んでいたら、是非ご活用下さい。

関東以外でも全国どこでも相談は無料です。遠方の方は出張や電話で相談も受け付けております。
まずはお気軽にLINEでご相談下さい。
〜LINE相談はこちらから〜
LINE相談