キャバクラで上手に延長交渉を成功させる4つの接客テクニック

延長交渉って意外と苦手な方が多いですよね!

アヤカ

接客中にお時間終了のお知らせが来た際にお客様に延長してもらうためにはどうしたら良いいの?

いつも延長してもらおうと思うけど、思うように上手くいかない…。

延長してもらった時に場内指名ももらえるコツを知りたい!

本日は、そんな方に向けて書いていきます。

ちなみに、私も働き始めたころは延長交渉がすごく苦手でした…

しつこい女とか思われたくないし、延長交渉とか印象が悪くなりそう…と思ってなかなか上手にできずにいました(;_:)

時間終了直前のフリーのお客様の席にお邪魔するときは、必ずと言っていいほどボーイさんから「延長よろしく!何とかネバってね!」と声を掛けられていたのでプレッシャーというか何というか…(>_<)

でも上手にできずにいると、新人ということもあって担当のボーイさんが色々とアドバイスをくれることもあり、経験を重ねて段々と上手に出来るようになっていきました★

そんな私の経験を踏まえて、キャバクラでお客様に延長してもらうコツ、延長を場内指名へのチャンスに変えるポイントの2つをご紹介いたします(*^^)v

この記事を読むと分かること

  1. キャバクラでお客様に延長してもらうコツ
  2. 延長を場内指名へのチャンスに変えるポイント

今回ご紹介するものは在籍キャストの方でも派遣キャストの方でも使用できるものなので、キャバ嬢をしている!というあなたはぜひ覗いて行ってくださいね♥

また、本指名のお客様の延長交渉は苦戦することがあまりないかと思いますので、今回はフリーのお客様の延長交渉に的を絞ってお話しさせていただきます★

アヤカ

でも是非応用して本指名のお客様にも使ってみてくださいね♡

キャバクラで上手に延長交渉を成功させる4つの接客テクニック

延長する気がないお客様に延長交渉するのは、指名を取るより難しいですよね…(>_<)

延長してくれそうな人に交渉するのはいいけれど、全くその気がない人はできれば交渉したくないですよね(^_^;)

でも延長をしてもらえるコツを掴むと不思議と進んで交渉するようになるんです★

ではさっそくそのコツをご紹介いたします(^^)/

上手な延長交渉のコツ

  1. 無理やりな延長交渉をしない
  2. さりげなく一緒にいたいと伝える
  3. 相手を気遣いながらも寂しがってみる
  4. 盛り上がっている時にボーイさんに伝票を持ってきてもらう

①:無理やりな延長交渉をしない

「えーもうちょっといいじゃん」「まだまだ一緒に飲もうよ~」などといった雑な交渉やしつこく交渉をすると100%と言っていいほど、延長交渉はうまくいきません。

延長となるとお金も絡んできますし、帰る時間も遅くなってしまいます。

お客様が、

アヤカ

ま、いっか!

と思える状況に持っていく必要があるので、雑にあしらったり、しつこくしたりすると気持ちは動いてくれません。

でも!本指名のお客様とは関係性などでしつこくしても全然大丈夫!という方ならたまーにわがまま的な感じで、しつこく迫ってみてもいいかも♡

②:大げさではなく、さりげなく一緒にいたいと伝える

大げさに、

アヤカ

まだまだ一緒にいたいから、延長してよ~

と伝えてしまうと、

お客様

はいはい、誰にでもそうやって言ってるのね

と思われてしまいがちなので、あなたにしかこんなこと言ってませんよ!的なさりげない伝え方がポイントです★

例えば、

アヤカ

もうそんな時間なんだね、一緒にいると楽しくて時間が過ぎるのが早い!○○さんとはまだ一緒にお話ししたかったけど残念だな…

といったように、さりげない感じで自然に伝えることが大切です(*^^)v

③:相手を気遣いながらも寂しがってみる

相手を気遣う!これはとっても重要です!!

むやみに延長交渉をしているわけじゃなくて本当にそう思ってくれているんだろうな~…と思ってもらえるからです★

例えば、

アヤカ

明日も朝からお仕事だからもう帰らなきゃだよね…

明日のお仕事が大変になったら困るもんね(>_<)

もっと一緒にいたかったけど我慢する(>_<)

といったように「俺のことこんなに考えてくれるなんて…」という気持ちにさせると、

お客様

じゃあ、あとワンセットだけ…!

となるパターンです(*’▽’)

④:話がすごく盛り上がっている時にボーイさんに伝票を持ってきてもらう

大体の場合はボーイさんが席に付く前に、もうすぐ終了時間だから延長交渉してみてねと声をかけてくれることが多いです。

なのでその時に、

アヤカ

じゃあ一番盛り上がってそうな時に伝票持ってきてね!

と一声かけておきましょう☆

盛り上がっている時の延長交渉は一番効果的♡

こんな時は、

アヤカ

えー!今すっごく盛り上がってたところなのにー(>_<)

もうちょっと一緒にいようよ(>_<)

とちょっと押し気味に交渉しても意外と大丈夫なんです♥

キャバクラで延長を場内指名へのチャンスに変える4つのポイント

延長交渉を成功させたからには場内指名くらいのバックは欲しいですよね(*^^)v

延長交渉を成功させたときは場内がもらえるチャンス★

場内がもらえると本指名に繋がるチャンス★

そんなチャンスをつかむための4つのポイントをご紹介(*’▽’)

延長を場内に変えるポイント

  1. 延長してもらえたら、あからさまに喜ぶ
  2. 一緒にいると楽しい、打ち解けていますアピール
  3. ボーイさんに呼ばれた時にお客様にとどめの一言
  4. ボーイさんに抵抗してみる

①:延長してもらえたら、あからさまに喜ぶ

延長してもらえたということは少なからずあなたに興味があるということです!

なので、

アヤカ

えーもっと一緒にいられるなんて嬉しい!!”パチパチ”

と、こんな風に手を叩きながら喜んでみましょう★

興味がある子に喜んでもらえるとお客様は満更でもないような気持ちになり「じゃあこのままこの席にいなよ」と若干興味がある子からお気に入りの子にレベルUPです♡

②:一緒にいると楽しい、打ち解けていますアピール

アヤカ

○さんと一緒にいると、なんでこんなに楽しいんだろう!

キャバ嬢始めてこんな感覚初めてだな~なんか普通にデートしてるみたい♡

と、自分はあなたに打ち解けていていますというアピールがポイントです★

お客様

何か俺って特別なのかな…?

と思ってもらえるんです(^^)/

お客様はキャバ嬢の「特別」になれると内心すごく嬉しいんです!

そして上記の例にも使っている「デート」という言葉も実は重要なんです☝

「デート」と言われるとなんだそれとか思いながらも、なんだかんだお客様のテンションも上がってきちゃうので、そっから一気に2人の空間を作りあげちゃいましょう!

イメージ的にはデートを餌に捕獲!(笑)

捕まえたら逃さない!って感じです♡

③:ボーイさんに呼ばれた時にお客様にとどめの一言を

とどめの一言ってなんだよって思うかもしれませんが、これも結構効くんです♡

例えば、

アヤカ

えー、もうチェンジの時間になっちゃった…(>_<)

○○さんが他の子と話すなんて何か妬けちゃうな(>_<)♡

と、おねだりしていると気づかれずにおねだりのとどめの一言♡

他にも、

アヤカ

私○○さんにゾッコンだから他の席にいてもチラチラ見ちゃうかも(>_<)♡

目が合ったら手ふってね♥

と言ってみるのもアリ(*^^)v

ストレートにお客様に興味があるとは伝えないけど「俺に興味があるかもしれない」と思ってもらうことが重要なんです!

クロフク

わかりみ!笑

男って単純だから、第三者からみたら有り得ないことにも期待しちゃうんだよね!笑

③:ボーイさんに抵抗してみる

これは私が結構やっていた方法です♡

私は割とボーイさんと仲が良かったタイプなので、良くタッグを組んで場内をもらったりしていました(^^)/

席に付く前にボーイさんに、

アヤカ

次のお客さん場内狙いたいから、チェンジ5分前くらいにチェンジのコールいれてね!

と声をかけておき、コールが入ったら「やだー!」と、お客様の手を握りお客様の肩にもたれかかってボーイさんにちょっと抵抗するんです(*’▽’)

チェンジの5分前にコールを入れてもらっているので、ボーイさんに「じゃああと5分だけね」とコソッと声をかけてもらってお客様に、

アヤカ

やった♡あと5分一緒にいてもいいって♡

と報告するんです(*^^)v

そんな事されたお客様は、特別扱いに優越感♥

5分と言わず、ずっとこの席にいなよ」と高確率で場内指名をいただけます( *´艸`)

おわりに

今回は、キャバクラでお客様に延長してもらうコツ、延長を場内指名へのチャンスに変えるポイントの2つをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

フリーのお客様に延長OKをもらった場合は、高確率であなたに興味があるので、場内指名をしてもらえることが多いです!

ですが、可能性を確実なものにするためにも、ご紹介した双方のポイントを掛け合わせて使ってみてくださいね★

在籍キャストの方も派遣キャストの方も、どちらにとっても延長交渉は必要になりますし、場内指名はバックもつくし嬉しいものです(*’▽’)

ぜひぜひあなたに合ったポイントを使って、延長交渉成功術を身に付けてくださいね♥

合わせて読みたい!