キャバクラを副業でやるコツ!バレずに掛け持ちする方法

本業があるけれど副業でキャバクラがしたい場合、会社バレに気をつけなければいけません。
バレずに掛け持ちするには、少し注意してお店を選ぶ必要があります。

知っておかないと損する、バレずに本業とキャバクラを掛け持ちする方法・会社バレ対策を解説。
本業にバレずにキャバクラで働きたい人は参考にしてください。

本業とキャバクラ副業をバレずに掛け持ちする方法

本業とキャバクラ副業をバレずに掛け持ちするには、税金・働く場所・仕事の仕方に気をつけてください。
ひとつずつ解説します。

お給料の支払いが「報酬」のお店で働く

キャバクラを副業でやる場合は、働く前にお給料の支払いが報酬扱いか確認してください。
報酬ではなく給与になっているお店で働くと、キャバクラ副業が本業にバレます。

注意
キャバ嬢は個人事業主扱いなので、ほとんどのお店が報酬の形態です。
しかし、稀に給与のお店もあるので注意してください。

確定申告に気をつける

キャバクラ副業の収入を確定申告するときは、以下の点に注意してください。

  • 住民税を普通徴収(自分で納付)にする
  • 赤字申告をしない
  • 報酬より経費が上回らないようにする
  • 本業で申告していない所得控除を記入しない

以上ができていないと、本業に掛け持ちがバレるリスクが高まります。

キャバクラ副業で確定申告はするべきなのか

実際は、キャバ嬢で確定申告をする人は少数派と言われています。
個人で確定申告をしなくても、毎月お給料から引かれる10%の源泉徴収で税金を収めているからです。

源泉徴収はキャスト個人としては出されず、お店全体でまとめています。
誰がいくら稼いだかは特定されません。

なので基本的には大丈夫ですが、以下の場合は税務調査が入る可能性があるので気をつけてください。

  • キャバクラでの年収が2000万円以上
  • お店に税務調査が入った
  • 稼ぎをSNSなどで公表している
  • 高級車、マンションなど高額な買い物
注意
お店が支払調書を出している場合はバレます。
支払調書にはマイナンバーが必要なので、マイナンバー提出を求められないお店なら問題ありません。

働くエリアに気をつける

本業にバレずにキャバクラ副業をするなら、働くエリア選びが重要です。
職場の近く・キャバクラが多い繁華街は避けてください。
会社の人と遭遇しやすいです。

アヤカ

 もし遭遇したときに本人と確信されるので、家の近所も避けるべき! 

シフトを入れすぎない

シフトの入れすぎによる疲労が原因で副業バレするケースもあります。
キャバクラの仕事は深夜に終わるので、本業に響かないスケジュールを組みましょう。

出勤日数は週1~3に留めるのがおすすめです。
これ以上だと体力的にきつくなる恐れがあります。

アヤカ

 早上がりOKのお店でも帰れないパターンは多いので、シフトの入れすぎは地獄を見ます… 

お酒を飲みすぎない

お酒を飲むのも仕事の一つですが、副業の場合は飲みすぎ注意です。
次の日に残るほど飲むと、本業の業務に集中できず会社に迷惑をかけてしまいます。

カクテルなど酔いにくいお酒を少量にするか、飲まずに働きましょう。

クロフク

 キャバクラではダミーカクテルも作れるので、ノンアルコールでもお客様にバレません! 

仕事のことを誰にも話さない

本業にバレずにキャバクラ副業をするなら、職場の人にキャバクラの話を一切しないでください。

どれだけ仲の良い同僚でも、話してしまったら最後。
ふとしたときにうっかりと漏らす可能性があります。

キャバクラで本業の話をするのもNGです。
どこで誰が繋がるか分からないので、念には念を入れましょう。

お店のHP、SNSで露出しない

本業にバレずにキャバクラ副業をするなら、キャバ嬢としての顔出しは一切NGです。
お店のHP・SNS・ブログ、どれにも顔出ししないでください。

自分のSNSでキャバクラの内容を投稿するのもダメです。
会社の人にSNSを見られる可能性があります。

アヤカ

 SNSは思わぬところで繋がるので要注意です! 

本業とキャバクラを掛け持ちするときの注意点

本業とキャバクラを掛け持ちするときは、お店の選び方に気をつけてください。
お店によっては本業との両立が難しい場合があります。

遅刻・欠勤の罰金が少ないお店を選ぶ

キャバクラは、お店によって罰金の有無・金額が違います。
掛け持ちしているとやむを得ない遅刻もありえるので、遅刻・欠勤の罰金が少ないお店を選びましょう。

高時給のお店は罰金も厳しい傾向にあります。
掛け持ちで働く場合は、時給を重視しすぎるのはおすすめできません。

アヤカ

 本業が残業になった場合の遅刻でも、罰金は普通に取られます! 

ノルマが厳しくないお店を選ぶ

本業とキャバクラを掛け持ちするなら、ノルマが厳しくないかも大事です。
ノルマが厳しいと達成するための営業努力が必要になります。
「本業の片手間では時間が足りない…」となりかねないので、気をつけてください。

注意
ノルマ未達成だと、ペナルティがあるお店がほとんどです。
高時給でノルマ有りのお店に入って、「結局稼げない…」なんてことにならないように気をつけましょう。

キャバクラ掛け持ちのQ&A

掛け持ちで働く際の、よくある質問にお答えします。

キャバクラと他のナイトワークは掛け持ちできる?

キャバクラとスナック・キャバクラとガールズバーなど、他のナイトワークとの掛け持ちは基本的に禁止です。
バレた場合は、罰金・お給料無し・クビにされる危険性があるので絶対にしないでください。

ナイトワーク同士での掛け持ちが禁止な理由は、お客様を流す可能性があるからです。
キャバクラのお客様をガールズバーへ…などというのは、お店側からすればたまったものではありません。

「バレなければ大丈夫!」と思うかもしれませんが、夜の世界は狭いのですぐにバレます。
お客様・キャストからすぐに話が回るので、ナイトワーク同士での掛け持ちはやめましょう。

注意
キャバクラ2店舗の掛け持ちも、もちろんNGです。
体験入店も許可されていないので、お店を移りたい場合はまずスタッフに相談しましょう。

アヤカ

 お店で結果を出していれば、「辞めたい」と言うことで時給が上がる場合も! 

居酒屋・ファミレスとキャバクラの掛け持ちはできる?

居酒屋・ファミレスなどの深夜バイトとキャバクラの掛け持ちは、副業が禁止されていなければ可能です。

しかし、キャバクラと勤務時間が被るのでシフトを組みづらいのが難点。
居酒屋のシフトが入りすぎていて、「なかなかキャバクラに出勤できない…」とならないように気をつけましょう。

居酒屋とキャバクラを掛け持ちするのは、お客様の層が被る点でも問題です。
働いている居酒屋と近いエリアのキャバクラを選ぶと、自分のお客様が居酒屋にも来る可能性があります。
面倒が起きる可能性大なので、あまりおすすめできません。

アヤカ

 「居酒屋に行けば安く会える!」と思われて、頻繁に来られる可能性も… 

本業とキャバクラを掛け持ちするならキャバクラ派遣

本業とキャバクラ副業を掛け持ちするなら、在籍キャバ嬢ではなくキャバクラ派遣を選ぶのがおすすめです。

完全自由出勤でスケジュールが組みやすいですし、終電上がりOKのお店もあります。
毎回働くお店を変えるのも可能で、知り合いに遭遇する危険性を下げられるのも良い点です。

アヤカ

 営業・ノルマ・罰金が無いので、無理なく掛け持ちできる! 

キャバクラ派遣について詳しくはこちら

キャバクラ派遣とは?一日キャバ嬢の仕組みとメリット・デメリットを解説

高時給のお店多数!全国展開のキャバクラ派遣Jewels

  • 最高時給9000円!稼げるキャバクラ派遣
  • 未経験でも安心のサポート体制
  • 関東以外のエリアにも対応

公式サイト:http://www.jewels-haken.com/

Jewelsについて詳しくはこちら

キャバクラ派遣Jewelsの口コミ&評判!メリット・デメリットも紹介!

完全未経験でも安心!関東のキャバクラ派遣TRY18

  • 関東トップクラスのキャバクラ派遣
  • お酒の作り方やメイク方法をレクチャー
  • 右も左も分からない初心者でも安心して働ける

公式サイト:https://www.try18.jp/

TRY18について詳しくはこちら

キャバクラ派遣TRY18(トライ)の口コミ&評判を紹介!【おすすめ】

在籍キャバ嬢で掛け持ちするならキャバクラ紹介会社Janel

  • 未経験でも安心!希望に合ったお店を探してくれる
  • 紹介するのは大手グループ・優良店だから安心
  • 時給交渉・ノルマ無し交渉をしてもらえる
  • 希望者は面接への同行も可
  • 送迎、ドレス・靴のレンタルが無料

公式サイト:http://janel.jp/

在籍キャバ嬢として働きたいなら、キャバクラ紹介会社Janelを通すのがおすすめです。
掛け持ちでも働きやすいお店を紹介してもらえます。

  • 罰金が少ない
  • アリバイ対策有り
  • 早上がりOK
  • 週1~3出勤OK

運が良ければ、これら全てに当てはまる上に時給はそれなりのお店が見つかるかもしれません。
プロがお店選びをしてくれるので、自分で探すよりも好条件で働ける可能性が高いです。

Janelについて詳しくはこちら

キャバクラ紹介プロダクションJANELってどんな会社?スカウトとの違いを解説

気をつければ本業とキャバクラ副業の掛け持ちは可能♪

お店選びと働き方に気をつければ、本業があってもキャバクラ副業をするのは可能です。
あくまでも本業がメインだと忘れないで、キャバクラは無理ない範囲で働きましょう。

本業に支障が出にくい&会社バレしにくいのはキャバクラ派遣です。
派遣が苦手なら、キャバクラ紹介会社Janelで希望に合うお店を探してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です